02. 9月 2015 · わき脱毛をやるデメリットとメリット はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

f83cbe20fe4fdc3fd0240e6dcc88287c_s

わきのムダ毛は色が濃く目立ちやすいので何らかの形でほとんどの女性が処理をしていますが自宅で行うシェービングや毛抜きによるケアは手軽な反面、すぐにまた生えてくるほか、回数を重ねるごとに表面の角質層がダメージをうけ、黒ずみの原因になります。その点サロンやクリニックで行うわき脱毛は毛の生育を司る毛乳頭を死滅させるので、処理後再生する事はなくケアいらずというメリットがあります。

施術も簡単なものでレーザーやフラッシュなど特殊な波長の光波を肌に照射するだけでよく、短時間で終了し、当日も普段通り過ごせます。またメラニンに反応する光を照射するのでわき毛のように色の濃いムダ毛には作用しやすいのもわき脱毛のメリットのひとつです。

自分の目で確認するのと異なりやり残しの部分が発生する事もなく、完全にきれいになりそのうえ毛の根元から抜け落ちていくので毛穴が開いたり、埋没毛になる心配も皆無です。外見上自信が持てるなどのメンタル的な利点の他に、衛生的に保つことが簡単にでき臭いの抑制にもつながるなどの実利的な効用もあります。

処理が終了すると半永久的にムダ毛のない状態をキープできますが、それだけでなく照射時に発生する熱の作用で肌の代謝能力があがり、再生能力が活性化することによる美肌効果もわき脱毛のメリットとしてあげられます。通常照射後には肌を保護するためのケアを行うので乾燥する事はなく逆に美容成分の浸透があがります。デメリットとしてはほくろなど肌の色の濃い部分には作用しないので部分的にほかの脱毛方法と併用することが必要であること、中学生のように年齢が若い場合にはホルモンの関係でまた生えてくる可能性があることですが、成人していて普通の肌色であれば問題はありません。

休眠期などで肌の中に眠っている毛には光の力は及ばないので、生育する時期にあわせて4から8回ほど照射処理を行うことで、むらのない美しい仕上がりになります。

Comments closed.