01. 1月 2016 · わき脱毛、毛質と効果の関係性 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

b43902a739b15da3ae8024183b9fe8e7_s

脱毛とひとことに言っても、処理の仕方によって印象はガラリと変わります。とくにおろそかにしがちなのがわき脱毛です。美容に気を使う女性の中にも足のエステには丹念に通い、ムダ毛処理も事欠かないのに、わき毛に関しては意識が低いというデータがあります。


しかし、個人差はあるものの女性のすね毛というのは男性に比べて薄いもので、普段はストッキングやスカート、パンツなどで隠れます。もちろん好印象を持たれたい人の前ではどの部分もしっかりと手入れをしておきたいものですが、わき毛というのは服装によって、とくに薄着のときには公共の場でもうっかり見えてしまうものですから、尚更注意をしておかなければなりません。

また、わき毛は他の体毛と比べて非常に毛質が強く出来ています。その理由として、脇には汗腺が集中しており、そこからフェロモンが分泌されると言われています。つまり、生殖活動においてとても大事な器官であり、そこを守るためにわき毛はアンダーヘアと同じ質で守られています。

しかしながら、その必要性は野生動物に囲まれていた大昔の人間の名残であり、現代にいたってはそんな危険性はなく、わき脱毛が生活に支障をきたすことはありません。
男性の多くは、女性はわき脱毛を行っているものとして捉えている人が大多数で、手入れをしていない女性には不快感を抱くというデータもあります。
わき毛は他の体毛と比べ、非常に強く固い毛質です。カミソリなどで自己処理を繰り返すと、却って肌が荒れてしまい、不潔に見えてしまう結果を招く恐れがあります。とくに汗腺が集中している部分の処理なので、自己処理時に肌を傷つけてしまうと、汗の作用で肌にとっては悪循環がうまれる可能性もあります。
アンダーヘアと同じ質でありながら、公共の場で誰からも見られてしまう可能性があるわき脱毛にはプロの専門家と相談し、きちんとした処理を行うことが好ましいと言えるでしょう。
清潔で確実なわき脱毛こそが、理想の自分に近づける第一歩かもしれません。

Comments closed.