02. 9月 2015 · わき脱毛、直前になってキャンセルするときのマナー! はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

796deda9987b6f26d0a2217b1287f662_s

エステサロンやクリニックでわき脱毛をすることになったら、一定の期間をあけて数回お手入れに通うことになります。2ヶ月から3ヶ月くらいの期間をあけて、次の施術をすることになります。わき脱毛も、毛の生え変わる毛周期にあわせて、ムダ毛のお手入れをする必要があるためです。わき脱毛の施術を受けて、その日の帰りに次回の予約を入れるケースもあります。少し先のことになりますから、予約が近くなってから、都合により変更やキャンセルになることも考えられます。そんな時には、マナーを守って対応を行うことも大切です。

もしも、予約直前になってキャンセルするときには、サロンやクリニックの条件を確認しましょう。基本的に都合が悪くなったら、すぐに電話で連絡をして、予約の変更などを行うようにします。予定変更ではなく、キャンセルをする場合には、いつまでなら変更が可能かを確認しましょう。絶対にやってはいけないのは、故意に連絡なしで、約束した日に行かないということです。これは言語道断ですが、どうしても都合が悪くなったら、とにかく連絡を入れましょう。

直前の予約のキャンセルは、何かしらのペナルティが用意されているものです。コースで脱毛を契約している場合は、1回分が消化になるのが定番のペナルティです。また、キャンセル料金が発生することもあります。エステサロンであれば、3千円程度かかることもありますが、医療クリニックだと5千円以上はかかることは珍しくはありません。いつまでに連絡をすれば、無駄な費用を払ったり、消化扱いにならずに済むのか、事前に確認をしておくことが必要です。

早めに連絡をするのはマナーであり、いつまでなら変更ができるのかも、契約時の申込書などで確認をしておきましょう。中には急な予約変更に対しても、特にペナルティもなく、柔軟に対応してくれるクリニックやサロンもありますから、脱毛をする期間を探す段階で調べてみるといいでしょう。

Comments closed.